引越し

引越し

引越し費用の情報を紹介。

楽々通販 > 引越し

引越し費用

いざ業者に依頼する時に、やはりいくらくらいお金が
かかるのか費用が気になるところです。

専門業者の料金は、一般的に荷物の量と移動距離、
そしてサービス内容などで決まります。

荷物の量も移動距離も人によって違います。
そういうわけで料金は、ある意味オーダーメイドと
考えてもいいのではないでしょうか?

そこでおすすめになるのが、複数の業者からの見積りです。


複数の業者から見積もりを取れば、自分の場合、
どのくらいの費用が必要なのかが直ぐに分かります。

見積りを依頼すると、業者からまず連絡が入り
荷物の量を自宅に見に来ます。
そして、転居先の場所を確認し、あとはプランを決定します。

プランとは、「どこまで業者に何をやってもらうのか?」ということです。

例えば、料金をできるだけ抑えたいので、荷造りは自分でやって、
新居へ荷物を運ぶ部分だけを業者にお願いするプラン。

さらには、荷造りする時間も無い程忙しいので、
荷造りから荷物の搬出、新居への搬入、セッティングまで
全部お願いするプラン。
などなど、たくさんあります。

オーダーメイドというくらいのものですから。

それぞれに業者にお願いしたい内容は異なってくるので、
それを決定するのがプランです。

プラン設定は各業者によって異なったサービスとなるので、
見積りを相談する時にまず確認してみると良いでしょう。

ここまでの事が決まれば、見積り額が出るはずです。

当然のことですが、なるべく費用を抑えたいなら、
自分でできる部分は自分でやるのがベストです。

梱包するための段ボール箱も、無料で準備してくれる業者もあれば、
自分で準備すればその分安くなる業者などもあります。

自分で準備する場合は、スーパーに行っていらない
段ボール箱を大量にもらって来ることも可能です。

もう一つのポイントは、見積りは複数業者から取ることです。

1社だけでは料金の相場が分かりませんし値切り交渉もできません。
相見積りをとることによって、その業者は安いのか?

ということがわかります。

特に、3月などシーズンは業者も稼ぎ時ですから必死です。
他社にお客さんを取られないためにもある程度値切りに応じてくれる
ケースも多いようです。

しかし、安さだけで判断してはいけません。

値切りすぎて、サービスが落ちたのでは意味がありません。
大事な荷物を運んでもらうわけですから、
信頼性も大切な判断基準であることも忘れないようにしましょう。

引越し やること

ここまで、業者について説明してきました。

これからは、引越しが終わった後に
色々なやることについて説明します。

このあたりの手続きは漏れなく行わないと
生活に支障がでますので速やかに終わらせたいですね。

漏れを防ぐためにはチェックリストを作っておくと便利です。

転出届

電力会社(電気)の手続き

ガスの手続き

水道の引っ越し手続き

郵便局へ転居届

固定電話(NTT)の移転手続き

インターネットプロバイダの手続き

携帯電話(PHS)の住所変更手続き

NHKの手続き

新聞・牛乳の引越し手続き

転校手続き

以上、大半の人がかかわっている部分を挙げてみました。

これらを怠ると、新生活に影響が出てきますから
忘れないようにしておきましょう。



引越し トップへ戻る