花粉症 

花粉症 

つらい症状を改善するための情報を紹介。

楽々通販 > 花粉症 

花粉症の薬

使用する薬は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの原因となる
ヒスタミンの作用を抑制する抗ヒスタミン成分や、
鼻や喉の粘膜の炎症を和らげる抗炎症成分、
鼻の粘膜を収縮させる血管収縮成分などが入っています。

これらは症状を和らげる働きがあり、効き目も長く
持続するように開発が進んでいます。

花粉症 検査

病院では、症状に疑いがある場合には、
原因物質となるアレルゲンの植物を特定するために血液検査を行ないます。

血液検査は、「C-PAC12アレルゲン鼻炎用」という免疫検査の
「IgE定量」を測定することでわかるということです。
これは1度に12種類のアレルゲンがわかる検査です。


IgE抗体は、花粉が体内に入ると作られるものであり、
それを作りやすい体質の人は花粉症になりやすい傾向にあるそうです。

また症状が出たときの場合、何科を受診すればよいのか
悩む人もいるかもしれませんが、抗体検査は、眼科、耳鼻科、皮膚科、
内科でも行っているようです。

妊婦 花粉症

妊娠中は様々な要因から症状が悪化する場合が多くなります

内服薬ではなく局所での使用
つまり点鼻薬や点眼薬で症状を改善します。
内服薬よりは全身への移行性が低い為、より安全だからです。

また漢方薬の小青竜湯が
使用される事もあります。

どうしても症状がひどくなる場合などには
抗ヒスタミン剤のポララミン錠を使用する事があります。

これは妊婦にも比較的安全に使用できる
といわれ使用経験も豊富にあるので使われる事が多いようです。

このポララミン錠は眠気、だるさなどの副作用が強い薬ですが
どうしてもという場合はまず先生に相談されてもいいかと思います。





花粉症  トップへ戻る