禁煙

禁煙

禁煙 の情報を紹介。

楽々通販 > 禁煙

禁煙 禁断症状

タバコの禁断症状はなんといってもイライラです。

このイライラなどに見られる禁断症状は
グッズなどでだいぶ抑えられます。

あとそれ以外にも以下のような禁断症状があります。

頭痛、眠気、集中力の低下、空腹感などなど

ただ、タバコの禁断症状は長くても2か月程度です。

はじめの2~3日間がピーク。

そこを超えれば、なんとかなるものです。

目標期間を定めて記録することが大事です。

1度でやめられればいいですが、
そうもいかないので、1日本数を決めて
減らしていく。

グッズなども併用しながらがベストです。

あとは誘惑に負けないようにするのがいいです。

禁煙 方法

ニコチンによって脳内の神経伝達物質ドーパミンなどが
過剰に放出してしまいます。
これが「多幸感」や「緊張緩和」などの作用を起こすので
依存症に陥りやすくなってしまいます。

さらに、「心理的依存」と呼ばれる
生活習慣の一部になってしまっていることを変えるには
強い意志の力と周りの協力が必要になりますね。

これが、難しい問題です。

これは補助薬やグッズなどで徐々に慣れていくようにするしかありません。

補助薬はいろいろな形があり、ガムのように口からニコチンを摂取するもの、
パッチとして皮膚から摂取するものなどありますので、
自分にあったものを選ぶといいでしょう。

こうしたグッズなどはニコチンを含まない喫煙タイプのものや、
タブレットや飴などいろいろ出ていますので、
煙草が吸えないのでなんとなく落ち着かないという時や、
手持ち無沙汰で口寂しいときに良いのではないでしょうか。

我慢しすぎで、禁断症状がひどくなってしまっては
別の意味で、問題になってきますし。


あと現在はほとんどの公共の場は喫煙ができなくなっています。
自分自身のためにも禁煙にトライしてみるのはいいことです。





禁煙 トップへ戻る